泡タイプの白髪染め

最近になって、泡タイプの白髪染めが発売され、人気があるようですね。^^

泡がしっかりと髪の毛を包み込んでくれるので、ムラがなく綺麗に染まるようです。

カラーバリエーションも豊かで、自分の髪に合った色を選ぶことが出来ます。

染める時間もクリームタイプに比べて、短くて済むようですね♪

泡タイプ・ムースの白髪染め

「豊染花」

ムース銀塩カラーは泡状だから、誰でも一人で簡単に使用することができます。
後ろ髪も塗りやすく、液だれの心配もありません。

区切り線

泡・ムースタイプの白髪染めの使い方の注意点

泡タイプの白髪染めにはデメリットもあります。

簡単に髪の毛につけることは出来ますが、温度の高い部屋で使用した場合には、泡が液状に戻ってしまい、垂れて来てしまうことがあります。

万が一そのようなことになると、お洋服を汚してしまいますし、お部屋も汚れてしまいますよね。

ですから、泡タイプの白髪染めを使うときは、温度や場所、服装に気をつけなければなりません。

また、あまりに安価なものを使ってしまうと、シャンプーをしたあとに色が落ちることがあります。

タオルや枕などに色が移ってしまうことがあるので、注意が必要です。

クリームタイプよりも、頭皮に浸透しやすいので、お肌が弱い人は、炎症を起こしてしまうようなことがあるので、事前に必ずパッチテストを行ったほうが良いと思います。

染めている間に痛みや痒みを感じるようであれば、無理に時間が来るまで待つのではなく、その場で洗い流すようにしましょう。

泡タイプの白髪染めはゴミも少なく、カップの中で混ぜて使うものが多いようですが、やはり匂いは多少あるようで、慣れていない人は気分が悪くなってしまうこともあるので、換気をするようにしてください。

ページのトップへ▲