クリームの白髪染め

自宅で手軽に白髪染めを行いたいと思ったときに、一番使われているのがクリームタイプの白髪染めですね。^^

ドラッグストアで簡単に購入することが出来ますし、値段も安いので、使いやすいです。

クリームタイプの白髪染めは、二種類のクリームをブラシに出して、そのブラシで髪の毛にクリームをつけていきます。

クリームの白髪染め

蛍光灯の光や日光の光で染まる染毛剤

太陽光(日光)の自然な光や蛍光灯の光のような可視光線に反応します。
波長よりも光の強さ(エネルギー)が影響しエネルギーが大きいほど、染色速度が速くなります。

区切り線

クリームタイプの白髪染めの使い方の注意点

手を汚さずに、ブラシだけで白髪染めができるのですが、実際にこれだけでは、思うように綺麗に染まりません。

どうしてもブラシが通りにくい場所もありますから、内側の白髪が染まっていなかったりする事があります。

また、ある程度の時間が決められていますが、髪の毛の質は人それぞれに違うので、髪が細い人は染まりすぎてしまったり、反対に太い人は上手に染まらなかったりします。

仕上がりがムラになってしまう事があるので、使い慣れている人でないと、上手に染めるのは難しいかも知れませんね。

全体的にではなく、部分的に染めたい場合には、残ったクリームを保存しておく事ができないので、もったいなくても捨てるようになります。

経済的にはあまり良くありませんよね。

ブラシで白髪染めをするということで、手軽さはあるものの、クリームの匂いに特徴があり、数日間は残ってしまいますし、小さなお子さまやペットがいる場所では気軽に使うことができないので、多少不便に感じる事があるかも知れません。

ブラシでクリームをつけたあとに、指を使ってしっかりと髪の毛に揉み込む必要がありますね。

ページのトップへ▲