市販の白髪染めは髪を痛め、ぱさつかせるのか?

年を重ねるごとに気になる白髪、毎回美容院に行くのも結構大変ですよね。

なので、市販の白髪染めをいつも使用している方も多いはずです。

しかし、市販の白髪染めは髪を痛めるということをご存知ですか?

市販のものは手軽に購入出来ますし、色の種類も豊富で最近では簡単に出来るものが増えています。

でも、繰り返し使うことによって、頭皮を傷つけている場合があります。

髪の毛とは違い、頭皮は見えにくい場所でもありますので、皮膚が弱い方にはかなりのダメージを与える場合があるようです。何故このようなことがおこるのでしょうか。

市販の白髪染めは、1剤と2剤に分かれており、その二つを合わせて酸化染毛剤を作り使用するものです。

この染毛剤で髪の毛の色が変わるのですが、染毛剤を付ける事によって、キューティクルを破壊してしまうのです。

それによって髪の色素は分解され痛んだ髪の毛になってしまいます。染毛は出来ても結果、髪の毛が痛んでしまうというわけです。

症状としては、髪の毛のパサパサ感が出たり、ゴワつきなどがあり、摩擦によっても髪をだんだんと傷めていきます。

そして、髪の毛だけではなく、頭皮にもダメージを与えます。

ヒリヒリ感や痛みなどがあると、後で大変なことになる場合があるので、出来るだけ酸化染毛型の白髪染めを使用しない方がいいかもしれません。

髪や頭皮のトラブルを起こす前に、酸化染毛剤を一切使用していない白髪染めを探す事をオススメします。

利尻ヘアカラートリートメント

利尻ヘアカラートリートメント

髪をいたわりながら自然な髪色にしてくれる無添加のヘアカラートリートメントです。
毛染め特有のヒリヒリ感や刺激臭が無く、白髪染めをしながら、「艶」や「コシ」のある美しい髪へ導いてくれます。
自宅で簡単にできるので、とっても経済的(^^♪

区切り線

ページのトップへ▲