髪を痛めない・パサつかない白髪染め

白くなった髪を染めたいけれど、髪の毛が痛んでしまうので続けて使うには抵抗がありますよね。

そこで、髪を痛めずに、そしてパサつかないように白髪染めをするためにどのようにすれば良いのかをお話したいと思います。

もともと髪の毛を痛める成分は「ブリーチ成分」が入ってあるものだそうです。

この成分は、市販で売られてある毛染めでも、白髪染めにも入ってあるものだそうです。

以前は毛染めをすることで、髪の毛を痛める事が多かったと思いますが、近年では痛みにくい物に変わっています。

ですが、毛染めをすると髪の毛は痛むので完璧ではないようです。

ブリーチ成分と言うのは、キューティクルを開いてしまい髪の毛にパサつきを与えてしまう強い成分です。

髪の毛の内部にある色素を破壊し、そこへ白髪染めの色であるブリーチ成分が入り込んで髪の毛の色を染めるのです。

髪の毛の色は染まったとしても、破壊された内部の色素にある髪の毛の栄養のタンパク質までもが破壊されてしまいます。

破壊されたタンパク質は髪の毛の外に出てしまうために、髪の毛にパサつきが生じるようになるのです。かと言って、毛染めをしないわけにもいきませんよね。

そこで、毛染めをするのであれば、トリートメント成分がしっかりと配合された白髪染めを使うことがパサつきをおさえ、髪を傷めないようにする方法の一つです。

髪をいためず、パサつかない為には、毛染めの後もしっかりとトリートメントを持続して行かなければいけません。

利尻ヘアカラートリートメント

利尻ヘアカラートリートメント

髪をいたわりながら自然な髪色にしてくれる無添加のヘアカラートリートメントです。
毛染め特有のヒリヒリ感や刺激臭が無く、白髪染めをしながら、「艶」や「コシ」のある美しい髪へ導いてくれます。
自宅で簡単にできるので、とっても経済的(^^♪

区切り線

ページのトップへ▲